スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


恐喝容疑で朝鮮大生ら逮捕 警視庁(産経新聞)

 通行中の男性に因縁を付け、現金を脅し取ったとして警視庁池袋署は12日、恐喝容疑で東京都文京区小日向、朝鮮籍の職業不詳、金哲柱(23)と小平市小川町、朝鮮大学校3年、尹潤一(20)の両容疑者を逮捕した。

 同署によると、金容疑者は「やっていない。知らない」と容疑を否認、尹容疑者は「金ほしさでやった。他にも約10件やった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年11月29日午後10時半ごろ、豊島区池袋の路上で、同区の専門学校生の男性(20)に「後輩を殴ったのはお前だろう。慰謝料を払ってくれ」などと言いがかりを付け、キャッシュカード2枚と現金200円入りの財布などを脅し取ったとしている。

 今年1月、男性が池袋駅で金容疑者を発見、通報を受けた同署が金容疑者から任意で事情を聴くなど捜査を進めていた。2容疑者は学生時代からの友人だという。

【関連記事】
盗撮男性に「警察行くか?」 警察官装って金要求 22歳男逮捕
アートんでもない…“タレントの卵”淫行の大物会長、ドイツ少女にも性的行為
野球賭博申告の力士らを聴取へ 警視庁
恐喝未遂で組員2人を逮捕 債権回収めぐり男性脅す
俺はヤクザだ…すごんだ相手は本物!現金恐喝される
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

アイドル時代からの体型維持 蓮舫議員の秘密はバナナ?(J-CASTニュース)
岡田監督が菅首相に「コンディションは徐々に上がっている」(産経新聞)
国家戦略相、事務所実態ないのに4222万計上(読売新聞)
<COPD>慢性肺疾患で有識者検討会が初会合 厚労省(毎日新聞)
<新聞活用実践教室>小中高教諭ら70人参加(毎日新聞)

自民党 「消費税10%」 参院選マニフェストに明記(毎日新聞)

 自民党は3日、夏の参院選のマニフェストで、消費税率について当面10%への引き上げを明記する方針を固めた。5月に公表した原案には数値を盛り込まなかったが、財源問題で民主党との違いを明確にするのが得策と判断した。次期首相が有力視される民主党の菅直人副総理兼財務相が消費税率引き上げに前向きなことも意識したとみられる。

 自民党政務調査会は3日、党総務会に「現在消費税以外でまかなわれている年金、医療、介護にかかる費用7・3兆円等を考慮し、当面10%とする」との案文を提示、大筋で了承された。ただ「選挙戦で説明する際、『当面』は分かりにくい」と注文がつき、文言を最終調整する。

 同じく原案になかった国内総生産(GDP)成長率目標についても「名目4%」を掲げ、法人税減税を柱とした成長戦略をアピールする。国会議員定数を6年で3割削減することや、世襲候補を無原則に公認・推薦しない方針も示す。

 また、民主党政権の「失政」で有権者のマニフェストに対する信頼性が揺らいでいるとして、自民党は今回、名称を「参議院選挙公約」と改める。来週にも最終版を決定する。【野原大輔】

【関連ニュース】
たちあがれ日本:消費税増税 園田幹事長「野党が提案を」
政府・民主党:消費税引き上げをマニフェストに明記へ
自民党:消費税率は盛らず 参院選マニフェスト案
IMF声明:「日本、消費税引き上げを」財政健全化求める
財政審:消費税増税、景気にマイナスにならず…委員ら一致

厚労省検討会に桂歌丸さん=慢性肺疾患テーマに議論(時事通信)
首相の「仰ぎ目」と「泳ぎ目」 パフォーマンス学から分析「内心では弱っていた」(産経新聞)
電子書籍サービス 利用端末は携帯が最多(産経新聞)
亀井氏、郵政法案先送り論牽制 「公党間の約束から逃げるなら立候補の資格なし」(産経新聞)
百日ぜきが成人を中心に急増(医療介護CBニュース)

民主参院に首相退陣要求強まる、小沢氏と再会談へ(読売新聞)

 民主党内で31日、社民党の連立政権離脱や内閣支持率の下落を受けて、鳩山首相の早期退陣を求める声が広がった。

 首相は同日、小沢幹事長、輿石東参院議員会長と会談し、その後、続投の意欲を表明したが、参院執行部は退陣要求を強めており、参院での国会運営が困難となる可能性もある。小沢氏は首相と一両日中に再会談する方針で、進退問題も含めて今後の対応を協議するとみられる。

 首相と小沢、輿石両氏の会談は国会内で行われ、約5分間で終わった。

 首相はその後、首相官邸で記者団に対し、小沢氏らとの会談について「厳しい局面だが、国家国民のために3人で力を合わせて頑張ろうという打ち合わせだ」と説明した。「続投を確認したのか」との質問に「それは当然のことだ」と答え、「国民のために働かせていただきたい。初心に戻る思いで頑張る」と強調した。

 関係者によると、小沢氏は首相に再会談を求めた上で「テーマは国会情勢と参院選だ」と語った。輿石氏は首相に対し、「このままでは国会運営が厳しい。郵政改革法案も廃案になり得る」と指摘した。首相が「そんなに厳しいですか」と述べると、輿石氏は「前にも言ったではないか」と不快感を示したという。

 参院は、社民党が連立を離脱したことで与野党の勢力が接近し、法案審議が困難なうえ、与党議員から造反が出れば、首相問責決議案が成立する可能性もある。

 小沢氏はこの後の民主党役員会で、首相との会談が短時間だったとして「もう一度首相と会い、参院選についてゆっくり話したい。その対応は、輿石氏と私に一任してほしい」と求め、了承された。

 小沢氏は、役員会後に予定されていた定例記者会見を1日に延期した。

 役員会では、夏の参院選で改選を迎える小川敏夫党広報委員長が「今の状況では、首相が責任を取らなければいけないほど参院選で負けることになるのではないか」と述べ、選挙情勢に強い懸念を示した。

 また、輿石氏は31日、記者団に「首相自身が一番考えていくだろう」と述べ、自発的な辞任が望ましいとの考えを示した。

 高嶋良充参院幹事長も31日、国会内で記者団に対し、「非常に深刻な事態に陥っている。改選組から悲痛な声が寄せられており、どう対応するかは最高責任者である首相の決断にかかっている」と述べ、首相の判断が必要だとの考えを示した。首相退陣論についても「選挙を戦っている議員からはそういう声が圧倒的に寄せられている」と指摘した。

 社民党の又市征治副党首は31日夜のBSフジの番組で「首相に対し、小沢氏らが参院選情勢の厳しさを伝えたはずだ。(首相退陣は)あす、あさってだと思う」と語った。

<電子書籍>アプリケーション無料提供…出版社協会(毎日新聞)
HPVワクチン接種と検診受診率向上で要望書(医療介護CBニュース)
米軍岩国基地 新滑走路の運用開始 厚木の59機が移転(毎日新聞)
民主参院議員が悲鳴「世論の逆風をしのげない」(産経新聞)
赤松農相の不信任案、与党の反対多数で否決(読売新聞)

普天間で反発の福島氏に首相「理解に向け努力。それしかない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり、反発を強める社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相について、「私どもとしては極力、理解をいただけるように最後までできる限り努力する。それしかない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。記者団からは、福島氏を罷免するかどうかを問われたが、それには言及を避けた。

 政府は移設先として、「名護市辺野古崎周辺」を明記せずに鳩山由紀夫首相の談話をまとめ、28日の閣議で閣僚に署名を求める方針だ。ただ、福島氏は辺野古移設が明記されなくても、閣議で署名しない考えを示している。

【関連記事】
普天間移設 許されぬ文言の使い分け
究極の二枚舌 鳩山政権の無責任体質を象徴
政府方針は「辺野古」不明記 苦肉の配慮も 社民反発「二枚舌だ」
米国でっち上げのテロ 哨戒艦沈没で北朝鮮論評
鳩山首相と対話より海兵隊との交流…辺野古住民の複雑なホンネ
虐待が子供に与える「傷」とは?

ピカソなど5点 110億円分盗難 パリ市立近代美術館(産経新聞)
吸血ヤマビル生息拡大、観光客の被害相次ぐ(読売新聞)
中村真衣さん、「中村米」収益一部を地元に寄付(読売新聞)
<口蹄疫>感染疑いの種牛は大エースの「忠富士」 殺処分に(毎日新聞)
美人女将の宿 島根・松平閣 宍道湖借景の日本庭園(産経新聞)

学校の認識不十分 江戸川虐待死 都審議会が最終報告(産経新聞)

 江戸川区の小1男児が1月に両親から虐待を受けて死亡した事件で、都児童福祉審議会は11日、虐待に対する学校の認識が不十分で、関係機関の連携が不足していたとする最終報告書をまとめ、石原慎太郎知事に防止策を提言した。

 報告書は、昨年9月に担任が男児の顔のあざに気付き、副校長らに報告したが、学校は当時、児童相談所に通告しなかったと指摘。担任らが家庭訪問したが、虐待が繰り返されているとの認識も足りなかったとした。

 また男児の入院や長期欠席について、区の子ども家庭支援センターや児童相談所と情報が共有されなかったことも問題視した。

 防止策として、虐待の疑いがある児童に対し、養護教諭らを加えて学校が組織的に対応し、子ども家庭支援センターの担当者も学校任せにせず、自ら児童の安全を確認すべきだと提言した。

<キトラ古墳>四神の壁画、幼稚園児らに公開 奈良(毎日新聞)
参院選でHP・ブログ○、メール・ツイッター×(読売新聞)
広島少年院控訴審判決 元教官に猶予判決(産経新聞)
新幹線延伸は別問題=もんじゅ再開での地元要望に―前原国交相(時事通信)
ボーナス7%カットへ=人件費10%減の市長公約達成−名古屋市(時事通信)

切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も−岐阜地裁(時事通信)

 家事審判事件の申立人が納めた郵便切手を着服したとして、岐阜地裁は19日、30代の男性書記官を同日付で懲戒免職処分とし、業務上横領容疑で岐阜地検に告発したと発表した。
 地裁によると、書記官は岐阜家裁勤務だった2009年9月〜今年3月、担当していた26人が審判申し立てにかかる費用として納付した総額7530円の郵便切手を抜き取ったとされる。
 封筒に書かれた金額と保管袋内の金額が異なっていることに上司が気づき、発覚。書記官は「大変申し訳ない。反省している」としているが、弁済はしていないという。
 岐阜地裁の富田善範所長は、最も重い免職処分としたことや告発の理由などについて詳細は明かしておらず、「内容を総合的に考慮して、不確定なことを公表するのは相当でないと判断した」としている。 

【関連ニュース】
裁判員判決、自衛官に有罪=先輩隊員を銃剣で切り付け
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに「おカネ持ちが判決」
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円
男性の復職、なお拒否=免職取り消し判決を無視
復職へ「まだ通過点」=勝訴の阿久根市職員が会見

鳩山政権またも迷走 高速新料金、普天間移設(産経新聞)
寝たきり母殺害、38歳息子自殺?(産経新聞)
<都営バス>乗用車が追突…運転者は心肺停止 東京・足立(毎日新聞)
<推理作家協会賞>長編部門は飴村行さん、貫井徳郎さんに(毎日新聞)
<公取委>「工事の談合助長」と青森市に改善要求(毎日新聞)

他人名義の偽造カードで買い回り ナイジェリア人3人逮捕(産経新聞)

 偽造クレジットカードを使って買い物をしたとして、警視庁組織犯罪対策特捜隊などは、不正作出支払用カード電磁的記録供用と詐欺の疑いで、ナイジェリア国籍、埼玉県所沢市東所沢、自称自動車部品輸出入会社役員、ウオケジ・チャールズ・チュクス容疑者(41)らナイジェリア人の男3人を逮捕した。同隊によると、ウオケジ容疑者ら2人は容疑を否認、残る1人は「他人のカードを使った」とおおむね容疑を認めているという。

 同隊の調べによると、ウオケジ容疑者らは昨年7月1日、福島県白河市のディスカウントショップで、韓国に住む韓国人女性の磁気データが入った偽造クレジットカードを使い、腕時計や指輪など7点(計約55万円相当)をだまし取った疑いが持たれている。

 3人は複数の外国人名義のカードを使って昨年5月から昨年夏にかけ、ゲーム機など約110万円を購入していたとみられる。同隊は3人が商品を換金し、現金を得ていたとみて捜査するとともに、磁気データの入手先を調べている。

【関連記事】
指南役は中国人…偽造クレジットカード3千枚押収、14人逮捕
カード偽造工場を摘発 組織的に「買い回り」?
関西の鉄道で使えるプリペイドカード偽造 韓国人犯罪グループ摘発
偽造乗車カード使用容疑で男2人逮捕 大阪府警
偽造カードで買い回り 暴力団組員ら5人逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

【私も言いたい】「郵政改革案」 「民業圧迫だ」7割に(産経新聞)
略称「日本」で混乱、田中康夫氏が不快感(読売新聞)
厚労省内事業仕分け、全健協など対象に―月内予定を発表(医療介護CBニュース)
<山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
3万6000円のマラドーナのトレカ盗み逮捕 栃木(産経新聞)

中小電線企業も価格調整か=屋内配線カルテルで追加立ち入り−公取委(時事通信)

 ビルなどの屋内配線に使われる電線をめぐる価格カルテル疑惑で、コンセントまで延ばす「雑線」と呼ばれる電線でも価格カルテルが結ばれていた疑いが強まったとして、公正取引委員会は13日、独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、新たに住友電工産業電線(大阪市)や、古河電気工業子会社の協和電線(同)など中小企業15社前後と、西日本電線工業協同組合に立ち入り検査した。
 同疑惑をめぐり、公取委は昨年12月、屋内配線用電線のうち、電機設備業者向けの主要品目について価格調整を行っていた疑いで、住電日立ケーブル(住友電気工業や日立電線など出資、東京都台東区)やフジクラ・ダイヤケーブル(フジクラや三菱電線工業など出資、東京都中央区)など、メーカー大手5社に立ち入り検査。審査の過程で別の品目でも、中小企業が加わったカルテルの疑いが浮上した。 

金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上−福岡(時事通信)
日米関係悪化を懸念 鳩山政権に不満も(産経新聞)
水俣病 救済を閣議決定 未認定3万人超対象(毎日新聞)
ライター規制で子供対策=5月中にも安全基準策定−不便さ、敬遠の懸念も・経産省(時事通信)
アカウミガメ 産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)

元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上−東京国税局(時事通信)

 大相撲の元横綱朝青龍の主治医を務めた本田昌毅医師(39)と、同氏が代表を務める病院運営会社「ホンダメディカルホールディングス」(東京都港区)が東京国税局の税務調査を受け、2008年までの3年間で計約1億円の所得隠しを指摘されたことが10日、分かった。
 申告漏れ総額は約3億円で、重加算税や過少申告加算税を含む追徴税額は約1億円とみられる。すでに修正申告に応じたもようだ。
 関係者によると、本田医師は東京など約10カ所で美容外科クリニックを運営しているが、税務調査の結果、ホンダメディカルをめぐり、架空の経費を計上して法人所得を少なく申告していたほか、個人所得についても一部を除外していると判断されたという。 

【関連ニュース】
【特集】朝青龍騒動記〜ついに引退表明〜
【相撲コラム】土俵百景
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
〔写真特集〕貴乃花親方
〔写真特集〕偽札の実態〜巧妙化する偽造手段

外相と米大使が会談=普天間めぐり意見交換(時事通信)
両陛下、須崎入り(時事通信)
個人情報5人分 ケアマネが紛失(産経新聞)
憲法改正「賛成」減少43%、「反対」と拮抗(読売新聞)
万引で陸自隊員停職(産経新聞)

花月園競輪場で最終レース、60年の歴史に幕(読売新聞)

 閉鎖される花月園競輪場(横浜市鶴見区)の最終レースが31日、行われ、60年にわたる歴史に幕が下りた。

 来場者は通常の3倍の1万人に上り、全12レースが繰り広げられた。最終レースでは、地元選手2人も出場。ラスト1周では場内が歓声と拍手に包まれた。

 終了後はバンクが開放され、来場者は思い思いに場内を歩いたり、最終周を告げるジャン(打鐘)を鳴らすなど、最後の別れを惜しんだ。

 同競輪場に約30年通ったという川崎市の男性(63)は、「本当に終わるのか。さみしい」とこぼした。最終レースでジャンを鳴らした日本自転車競技会職員の田口喜尚さん(39)は、「歴史的レースに立ち会えて光栄。最後は思いっ切り鐘をたたいた」と話した。

 同競輪場は1950年、旧花月園遊園地の跡地に誕生。88年度には約830億円の売り上げがあったが、98年度に赤字に転落、昨年12月に累積赤字が約53億円以上に上り、競輪事業を行う神奈川県競輪組合が廃止を決めた。

 廃止後の跡地となる県有地(約4万平方メートル)利用について、県や競輪施設を運営する「花月園観光」などが協議しているが、同社が県を相手に借地権を巡って提訴するなど、課題が山積している。

春の交通安全運動 交差点は気を付けて(毎日新聞)
柔道整復師の養成講座、歯科医が無資格授業(読売新聞)
スペースシャトル 山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ (毎日新聞)
「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)
<掘り出しニュース>高岡市、「家持くん」と「利長くん」に住民票(毎日新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵社
クレジットカードのショッピング枠を現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM