<< 車炎上、子供4人死亡=実家前に停車中−北海道(時事通信) | main | 元横綱主治医、1億円所得隠し=架空経費を計上−東京国税局(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


花月園競輪場で最終レース、60年の歴史に幕(読売新聞)

 閉鎖される花月園競輪場(横浜市鶴見区)の最終レースが31日、行われ、60年にわたる歴史に幕が下りた。

 来場者は通常の3倍の1万人に上り、全12レースが繰り広げられた。最終レースでは、地元選手2人も出場。ラスト1周では場内が歓声と拍手に包まれた。

 終了後はバンクが開放され、来場者は思い思いに場内を歩いたり、最終周を告げるジャン(打鐘)を鳴らすなど、最後の別れを惜しんだ。

 同競輪場に約30年通ったという川崎市の男性(63)は、「本当に終わるのか。さみしい」とこぼした。最終レースでジャンを鳴らした日本自転車競技会職員の田口喜尚さん(39)は、「歴史的レースに立ち会えて光栄。最後は思いっ切り鐘をたたいた」と話した。

 同競輪場は1950年、旧花月園遊園地の跡地に誕生。88年度には約830億円の売り上げがあったが、98年度に赤字に転落、昨年12月に累積赤字が約53億円以上に上り、競輪事業を行う神奈川県競輪組合が廃止を決めた。

 廃止後の跡地となる県有地(約4万平方メートル)利用について、県や競輪施設を運営する「花月園観光」などが協議しているが、同社が県を相手に借地権を巡って提訴するなど、課題が山積している。

春の交通安全運動 交差点は気を付けて(毎日新聞)
柔道整復師の養成講座、歯科医が無資格授業(読売新聞)
スペースシャトル 山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ (毎日新聞)
「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)
<掘り出しニュース>高岡市、「家持くん」と「利長くん」に住民票(毎日新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.16 Wednesday
  • -
  • 14:15
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵社
クレジットカードのショッピング枠を現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM